健やかな歯を手に入れろ【虫歯0の口内へ】


矯正医療方法

歯を削る

歯並びの異常を指摘されたら、矯正歯科医院で歯科矯正治療を始めましょう。 最近は、矯正器具も目立たないタイプのものがあるので、人目を気にせず治療をすることができるようになりました。 以前は、口を開けると治療器具が見えてしまうので、それを嫌がる人も多かったのですが、治療器具が透明タイプのものや取り外しのできるマウスピースタイプのものがあり、特に思春期の女子中高生には人気があります。 マウスピースタイプのものは、食事中や歯磨きの時も外すことができますし、人に会うときも外せるので、大人になってからの治療としては便利でしょう。 また以前は、歯の表面に矯正器具を取り付けるのが主流でしたが、最近は歯の裏側に取り付けることができるようになりました。

歯科矯正治療は、永久歯が生えそろう時期に治療を始めるのが、最も適していると言われています。 もちろん、大人になってからでも治療できる場合もありますが、子どものうちから治療を始めれば、治療期間も短く費用もかかりません。 大人になって治療できる症例ならよいのですが、場合によっては、治療できないこともあります。「子どものうちから始めたら治療できたのに。」と後で後悔することのないように、子どものうちに矯正歯科医に相談しておくことが大切でしょう。 また、大人になってからでは、治療期間も長くなったり費用も高くなったりするので、時間の制約や費用面の負担も大きくなります。治療するなら子どものうちから始めることをおすすめします。